フリーアナ戦国時代 市野瀬瞳は「負けず嫌いとNGなし!」

公開日: 更新日:

 中京テレビの元アナウンサーで、現在はフリーの市野瀬瞳(36)が1月から東京進出を本格化させている。26日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)にも初出演、「勝気女子アナが気弱男子にダメ出しSP」というテーマで芸人や俳優を相手に歯に衣着せぬ“ダメ出し”を連発。自身は現在、夫と別居中であることや局アナ時代の際どいエピソードを披露し、MCの明石家さんまからは「おまえ、ヤフーニュース狙っとるな」と突っ込まれるなど、しっかりと爪痕を残していた。市野瀬は84年、新潟生まれ。横浜国立大学卒業後の2007年4月に新潟総合テレビに入社。12年に中京テレビへ転職し、「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」など人気番組で活躍したが20年3月末で退社。35歳でフリーの道を選んだ。

 日刊ゲンダイの取材に市野瀬はこう話す。

「局アナ時代は組織に守られていますが個性を出すと叱られることも。フリーが大変なのは百も承知ですがもっと刺激が欲しかったんです(笑い)。夫にも両親にも話したら(フリー転身に)反対されるので全部自分で決めて事後報告でしたね。年齢的にも厳しい挑戦なのはわかってます! 私の強みは負けず嫌い、NGなし。人生一回だし、ドキドキも楽しみたいんです」

 自身の公式ユーチューブでは激辛料理や滝行にもチャレンジするなど芸人顔負けの体当たりリポートを敢行。フリーアナウンサー業界は戦国時代に例えられるほど厳しい椅子取りゲームが続いている。36歳の崖っぷちアナは「NGなし」を武器にのし上がることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

もっと見る