桑子真帆アナ“セフレ9年”報道に目くじら立てる男は古い?

公開日: 更新日:

 写真週刊誌「FLASH」(2月2日号)が、NHK桑子真帆アナ(33)と〈セフレ9年 男性が自嘲告白〉などと報じたが、ネット世論は意外というか、桑子アナに同情的だ。

〈今更女々しい〉〈リベンジポルノ〉〈情けない男〉……批判の矛先はむしろ、桑子アナの“意外過ぎる素顔”をぶっちゃけた、30代男性のAさんに向けられている。

 同誌によると、2人は東京外語大の先輩と後輩という間柄で、出会ったのは2006年と今から15年前のこと。学生時代から、桑子アナが15年に東京アナウンス室に異動してしばらくするまで、Aさんは一度も“彼氏”に昇格せず、“間男”のまま体だけの関係が続いたという。

「桑子さんは2020年の紅白歌合戦の総合司会を務めた“看板アナ”だから騒ぎになりますが、触れられたくない若気の至りは、誰だって一つや二つどころか三つも四つもあるはず。なかったことにしてあげるのが大人でしょうし、もしこれが男性アナの話で、学生時代から肉食系だったからといって、大騒ぎしますか? 武勇伝のひとつぐらいの扱いでしょう」(女性誌編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る