桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

弘中綾香でテレ朝は急上昇 TV局の命運は女子アナが握る

公開日: 更新日:

ぶりっ子田中みな実はフリーになってブレーク

「日経トレンディ」が選ぶ「2020年今年の顔」に田中みな実と伊藤健太郎が選ばれた。別の意味で「今年の顔」になってしまった伊藤はともかく田中の活躍ぶりは文字通り「今年の顔」だ。

 そもそもTBS時代の田中は嫌いな女子アナの代表格。ぶりっ子だのあざといだのと叩かれていたはずなのに、気がつけば「ストイック」「美のカリスマ」と大絶賛。とくに同性からの支持が絶大と持ち上げられ、1st写真集「Sincerely yours…」の発行部数は60万部を超えた。

 浜崎あゆみをモデルにしたドラマ「M 愛すべき人がいて」での怪演で話題を独占。彼女がつけている眼帯が福岡の名菓「博多通りもん」に似ているということから売り上げが上がったとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る