仕事にも健康にもプラス 通勤電車は「毎日立つ」がベスト

公開日: 更新日:

 18日の通勤は大変だった。大雪で鉄道各社が間引き運転をしたため、車内は大混雑。座席で寝込んでいる人をうらやましいと思った人もいるだろうが、サラリーマンの誰もが座って通勤したがっているわけではない。

 リクルート「R25」編集部が20~30代の男性会社員152人に「朝の通勤電車内では座りたい? 立っていたい?」と質問したところ、「座る」の67.8%に対して、「立つ」は32.2%だった。立つ派が3割以上とはちょっと驚きだ。実は電車の中では立っていたほうが仕事にも健康にもプラスだという。

「私もなるべく立つようにしています」とは医学博士の齋藤友博氏だ。

「通勤電車の中で眠るのは前夜に良質の睡眠を取れなかった人で、出社したときはまだ頭がボーッとしているため仕事に取りかかれません。一方、立っている人は電車の振動で体を動かすため、筋肉と脳神経、自律神経が活発だから、午前中から仕事を効率よく進めることができる。アイデアも次々に浮かんできます。10年前に亡くなった外科医の若月俊一氏は夜中に原稿を書くとき、立って書いていました。そのほうが眠くならないし、文章が浮かぶと二重のメリットがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る