• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕事にも健康にもプラス 通勤電車は「毎日立つ」がベスト

 18日の通勤は大変だった。大雪で鉄道各社が間引き運転をしたため、車内は大混雑。座席で寝込んでいる人をうらやましいと思った人もいるだろうが、サラリーマンの誰もが座って通勤したがっているわけではない。

 リクルート「R25」編集部が20~30代の男性会社員152人に「朝の通勤電車内では座りたい? 立っていたい?」と質問したところ、「座る」の67.8%に対して、「立つ」は32.2%だった。立つ派が3割以上とはちょっと驚きだ。実は電車の中では立っていたほうが仕事にも健康にもプラスだという。

「私もなるべく立つようにしています」とは医学博士の齋藤友博氏だ。

「通勤電車の中で眠るのは前夜に良質の睡眠を取れなかった人で、出社したときはまだ頭がボーッとしているため仕事に取りかかれません。一方、立っている人は電車の振動で体を動かすため、筋肉と脳神経、自律神経が活発だから、午前中から仕事を効率よく進めることができる。アイデアも次々に浮かんできます。10年前に亡くなった外科医の若月俊一氏は夜中に原稿を書くとき、立って書いていました。そのほうが眠くならないし、文章が浮かぶと二重のメリットがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る