米大統領の紋章が…「ロシア疑惑」揶揄のロゴにすり替え

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領が23日にワシントンで開催されたイベントで登壇し、スピーチした際のひとコマ(写真上)だが……背後のスクリーンに映し出された米大統領の紋章がちょっと変だぞ?

 アメリカの国鳥のハクトウワシの部分が、ロシア国章にあしらわれている双頭のワシに似た鳥に置き換えられているし、本来はワシが左足で握っている13本の矢が、トランプが大好きなゴルフのクラブになっている。

 これ、反トランプの団体がデザインしたロゴで、2016年の大統領選でロシアの選挙介入で当選した「ロシア疑惑」をちゃかしたもの。

 しかしなんだってそれが、大統領の紋章(同下)とすり替えられたのか?

 イベントの主催団体は「映像音響係のミス」で「悪意はなかった」としているが、果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る