モラー氏 トランプ退任後に“ロシア疑惑”訴追の可能性も

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領は、退任後に訴追される可能性もある--。トランプ政権のロシア疑惑捜査を指揮したモラー元特別検察官が24日、下院司法委員会の公聴会で証言を行い、こうした認識を示した。捜査終結後、モラー氏の議会証言は初めてだ。

 モラー氏は民主党のナドラー委員長の質問に答える形で、4月に発表した捜査報告書がトランプ大統領の司法妨害の疑いに関し、潔白を意味するものではないとの認識を改めて表明。そしてトランプが大統領退任後に司法妨害罪で訴追されることはあり得るかとの質問に「その通りだ」と肯定した。

 モラー氏は、トランプの司法妨害の疑いについて、現職大統領を訴追しない司法省の慣例に従い「罪を犯したかどうかの判断を見送った」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る