室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

公開日: 更新日:

「人事課長レベルでやってたんですよ。これは2011年からはじまっているんですね」(田崎史郎・政治記者)

 これは1月20日のモーニングショーでの田崎氏の言葉。なにについてかっていうと、「桜を見る会」の招待者名簿を、行政文書ファイル管理簿や廃棄簿に記載していなかったことについて。政府が当時、内閣府大臣官房人事課長だった5人らを厳重注意処分にすると発表したからな。テレビでいっていたが、厳重注意処分って、夏のボーナスが30%カットなのだという。

 ケッ。あの方からボーナス30%+αで袖の下で金渡され、それで終わりか? そう思っちゃう。世間のみんなが忘れた頃に、功労賞扱いでちゃっかり出世も約束されていたりして。ここまでの流れで、そう思ってる人は多いだろう。内閣府官房人事課長らがなんのために不正を働いたかというと、あの方を庇う以外理由はないもん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る