室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

公開日: 更新日:

「こうしたことを二度と再び犯すことがないよう内部で注意をしっかり行っているところだと思う。」(菅義偉官房長官)

 1月10日の朝日新聞デジタルによると、

「菅義偉官房長官は10日の閣議後会見で、『桜を見る会』の2013~17年度の5年分の招待者名簿の取り扱いで、公文書管理法違反があったことを認めた。」でもって「同法8条が定める廃棄前に必要な首相の同意手続きを取っていなかったことも明らかにした。」。

「法令順守と、行政事務の重要な意思決定を文書に基づいて行う『文書主義』は、公務員が守るべき大原則。その基本すら守られていない現状が明らかになった。」

 菅さんがよくいう「ルールに基づき適切に対応」ってのは嘘だったわけね。

 で、前出の言葉はそれがバレてから菅氏がいった言葉。理由は「事務的な記載漏れ」で、「担当者に確認しているところだが、こうした問題の対応意識が少なかったのでないか」だって。そして、前出の言葉につづく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る