室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

公開日: 更新日:

「こうしたことを二度と再び犯すことがないよう内部で注意をしっかり行っているところだと思う。」(菅義偉官房長官)

 1月10日の朝日新聞デジタルによると、

「菅義偉官房長官は10日の閣議後会見で、『桜を見る会』の2013~17年度の5年分の招待者名簿の取り扱いで、公文書管理法違反があったことを認めた。」でもって「同法8条が定める廃棄前に必要な首相の同意手続きを取っていなかったことも明らかにした。」。

「法令順守と、行政事務の重要な意思決定を文書に基づいて行う『文書主義』は、公務員が守るべき大原則。その基本すら守られていない現状が明らかになった。」

 菅さんがよくいう「ルールに基づき適切に対応」ってのは嘘だったわけね。

 で、前出の言葉はそれがバレてから菅氏がいった言葉。理由は「事務的な記載漏れ」で、「担当者に確認しているところだが、こうした問題の対応意識が少なかったのでないか」だって。そして、前出の言葉につづく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る