室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

公開日: 更新日:

「これまでもこれからも、私ほど総理に近い文科大臣は現れない。私が大臣でいる間に、皆さんがやりたいことをやってあげる。何でも言ってください」(萩生田光一文部科学相)

 これは12月5日号の週刊文春に載っていた「『またあの人の尻拭いかよ』総理に最も近い文科相の愚痴」という記事の、萩生田大臣の言葉。記事は、英語の民間試験を導入したのは業者と近い下村博文選挙対策委員長で、自分はその尻拭いだと萩生田氏が愚痴ってたという話だ。

 前出の萩生田氏の発言は、9月に内閣改造で文科相に選ばれたとき、文科省の幹部の前で言い放ったもの。つまり、彼の人となりを現す上で載っけた発言ね。

 加計学園疑惑の渦中の人であった萩生田氏は、文科相に選ばれ、首相に「私が文科大臣でいいんでしょうか」と弱音を吐いたらしい。だが、安倍首相に「大丈夫」と返された。彼は勇んで文科省へ乗り込み、官僚幹部に述べた言葉が前出の発言よ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る