作業中の塗装工が住民の裸や着替え姿を動画に…マンション足場盗撮の手口とバレたきっかけ

公開日: 更新日:

 塗装工の男は「足場」を使って、マンション住民の無防備な姿を盗撮していた。

 マンションの外壁塗装の作業中、工事用の足場から女性の裸や着替えを盗撮したとして、兵庫県猪名川町の会社員、堀越裕貴容疑者(30)が8日、性的姿態撮影等処罰法違反の疑いで県警神戸北署に逮捕された。

 堀越容疑者は昨年9月から12月にかけて、改修工事中だった大阪市浪速区の10階建てのマンションで外壁の塗装を担当。マンションを囲むように組まれていた作業用の仮設の足場を利用し、4階から10階に住んでいた20~40代の女性6人の裸や下着姿をスマホで動画撮影していた。

「堀越は勤務時間中、塗装をしながら室内がのぞけそうな部屋を物色。カーテンのちょっとした隙間や、少し開いていたり、鍵のかかっていない窓を探して盗撮を繰り返していた。スマホには部屋でくつろぐために服を脱いだり、裸になった女性の動画が残されていた。単身者向けやレディース向けのマンションではなく、家族と一緒に暮らしながら被害に遭った女性もいました。誰一人盗撮されていたことに気づいてなく、画像を本人に確認してもらったら、まさかという感じで皆非常にびっくりしていた」(捜査事情通)

最新の政治・社会記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」