• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日馬富士は年内にも書類送検へ 関係者全員から事情聴取も

 横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行事件を捜査している鳥取県警が、年内にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する方針を固め、関係者への事情聴取や現場検証に本腰を入れている。

 県警は17日に日馬富士に事情聴取を行い、日馬富士は「素手で十数発殴った。カラオケのリモコンでも殴った」と証言。ビール瓶を手にしたことは認めたものの、ビール瓶での殴打は否定したという。

 しかし、一部関係者は「ビール瓶で殴った」と証言しており、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方も日本相撲協会に「ビール瓶で殴られて、貴ノ岩の頭が割れた」と説明した。さらに、20日には、暴行事件の現場の同席者が「ビール瓶以外の酒瓶で殴った」との新証言も浮上している。

 貴ノ岩側が10月29日に県警に提出した診断書によると、貴ノ岩は頭部に十数針縫う裂傷を負い、県警は傷の状態などから角のある硬い物で殴られたとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事