廃業で帰国でも平気 日馬富士を待つバラ色セカンドライフ

公開日: 更新日:

 大暴れの原因は“角界軽視”か?

 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)の暴行問題で世間は大騒ぎだ。10月の秋巡業中に幕内貴ノ岩(27=貴乃花部屋)の頭部をビール瓶で殴った上に馬乗りになってパンチを約30発お見舞いしたという。貴ノ岩は頭が血だらけになり、中頭蓋底骨折や髄液漏まで起こしたというから、重大な不祥事。逮捕説が飛びだすのも当然だろう。

 角界では「横綱の品格」を保つよう求めているが、日馬富士はその声に逆らうように流血の大立ち回りを演じた。そのため「一般人を暴行して引退に追い込まれた朝青龍の失敗に学べなかった」といった報道が目立つ。しかし、この見方は筋違いだ。

「むしろ日馬富士は同じモンゴル人の先輩・朝青龍を手本にしているのです」とはベテラン相撲記者だ。

「引退後、日本から石もて追われるように去った朝青龍はモンゴルで実業家として大成功。モンゴルレスリング協会の会長に就任し、現在はハルトマーギーン大統領の外交顧問と特別大使を務めている。一方、日馬富士は大相撲に入門後、モンゴル国立法科大の通信課程を受講して弁護士と警察官の資格を取得。2014年には法政大大学院に進んだ。これだけのキャリアを積めば、朝青龍を超えるのは、ある意味当然です。いずれモンゴルに帰り、母国の名士になれると読んでいるから、結果的に廃業になっても怖くはないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る