「脳の誕生発生・発達・進化の謎を解く」大隅典子著

公開日:  更新日:

 生存、思考をつかさどる脳が、たった1個の受精卵からどのようにして脳に成長していくのか。脳の配線の仕組み、ニューロンの生存競争の実情など、500ミリリットルのペットボトル3本足らずの重さの脳がどのようなプロセスを経て、一人前に成長していくかを解説してくれる。それのみならず、10億年という地球スケールで脳がどのように発達・進化してきたか、その道筋について最新の研究をもとに語っている。著者は東北大学大学院医学系研究科の教授で専門は脊椎動物の神経発生。

「脳トレ」以降、脳に関する書籍はブームになっているが、本書は脳という臓器そのものを研究者が書いており、興味深い。知的好奇心を満たせる一冊だ。

 (ちくま新書 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る