「読鉄全書」池内紀、松本典久編

公開日: 更新日:

 世の中「撮鉄」「乗鉄」「録鉄」と鉄道ファンであふれている。ならば「読鉄」があってもいいのでは、という趣旨で編まれたのが本書だ。

 書き下ろしを含めて、41人の人生の手だれが書いたものを、乗るたのしみ、鉄道に生きる、鉄道で見つけたもの、旅と人生の4つの章に分けて構成している。

 例えば、阿川弘之氏の「にせ車掌の記・食堂車の思い出」。「一日駅長」のような形ばかりの名誉職ではなく、車掌の日常業務を行う本物のにせ車掌に氏は化けた。乗り込んだのは東京発神戸行きの寝台急行「銀河」。およそ12時間にわたる緊張、冷や汗、そしてささやかな喜びの瞬間がつづられていく。それぞれの人生の、それぞれの軌跡が汽笛の音とともにレールの上を走り去っていく。

(東京書籍 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る