「読鉄全書」池内紀、松本典久編

公開日: 更新日:

 世の中「撮鉄」「乗鉄」「録鉄」と鉄道ファンであふれている。ならば「読鉄」があってもいいのでは、という趣旨で編まれたのが本書だ。

 書き下ろしを含めて、41人の人生の手だれが書いたものを、乗るたのしみ、鉄道に生きる、鉄道で見つけたもの、旅と人生の4つの章に分けて構成している。

 例えば、阿川弘之氏の「にせ車掌の記・食堂車の思い出」。「一日駅長」のような形ばかりの名誉職ではなく、車掌の日常業務を行う本物のにせ車掌に氏は化けた。乗り込んだのは東京発神戸行きの寝台急行「銀河」。およそ12時間にわたる緊張、冷や汗、そしてささやかな喜びの瞬間がつづられていく。それぞれの人生の、それぞれの軌跡が汽笛の音とともにレールの上を走り去っていく。

(東京書籍 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る