「読鉄全書」池内紀、松本典久編

公開日:  更新日:

 世の中「撮鉄」「乗鉄」「録鉄」と鉄道ファンであふれている。ならば「読鉄」があってもいいのでは、という趣旨で編まれたのが本書だ。

 書き下ろしを含めて、41人の人生の手だれが書いたものを、乗るたのしみ、鉄道に生きる、鉄道で見つけたもの、旅と人生の4つの章に分けて構成している。

 例えば、阿川弘之氏の「にせ車掌の記・食堂車の思い出」。「一日駅長」のような形ばかりの名誉職ではなく、車掌の日常業務を行う本物のにせ車掌に氏は化けた。乗り込んだのは東京発神戸行きの寝台急行「銀河」。およそ12時間にわたる緊張、冷や汗、そしてささやかな喜びの瞬間がつづられていく。それぞれの人生の、それぞれの軌跡が汽笛の音とともにレールの上を走り去っていく。

(東京書籍 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る