• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「読鉄全書」池内紀、松本典久編

 世の中「撮鉄」「乗鉄」「録鉄」と鉄道ファンであふれている。ならば「読鉄」があってもいいのでは、という趣旨で編まれたのが本書だ。

 書き下ろしを含めて、41人の人生の手だれが書いたものを、乗るたのしみ、鉄道に生きる、鉄道で見つけたもの、旅と人生の4つの章に分けて構成している。

 例えば、阿川弘之氏の「にせ車掌の記・食堂車の思い出」。「一日駅長」のような形ばかりの名誉職ではなく、車掌の日常業務を行う本物のにせ車掌に氏は化けた。乗り込んだのは東京発神戸行きの寝台急行「銀河」。およそ12時間にわたる緊張、冷や汗、そしてささやかな喜びの瞬間がつづられていく。それぞれの人生の、それぞれの軌跡が汽笛の音とともにレールの上を走り去っていく。

(東京書籍 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る