「ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと」池内紀、小林エリカ、子安美知子ほか著

公開日:  更新日:

■ファンタジー作家エンデの世界を案内

 20世紀を代表するドイツ人ファンタジー作家、ミヒャエル・エンデ(1929~95年)のビジュアル入門書。人間から時間を盗む「灰色の男たち」に奪われた街の人々の時間を取り戻そうとする、不思議な力を持つ少女の活躍を描いた「モモ」(73年)や、いじめられっ子のバスチアンが本の世界に入り込み、滅亡間近の国「ファンタージエン」を救う「はてしない物語」(79年)など、誰もが知るその作品は年齢を超えて読む人の心に深く訴える普遍的な魅力を備えている。それは、エンデが作家であるとともに社会に対する鋭い洞察と深い思索を備えた思想家でもあったからだ。
 まずはそんなエンデの65年の人生をアルバムで振り返る。
 1929年、雨宿りが縁で知り合った画家の父親エドガーと孤児院で育った母親ルイーゼの間に生まれたエンデは、多感な少年時代を戦争とともに過ごし、やがて俳優を志し演劇学校を卒業するが挫折。次に目指した作家の道も諦めかけていたときに、旧友から絵本のテキストを頼まれ書き始めた物語が500ページの大作となり、作家デビューを果たす。さらにその作品「ジム・ボタンの機関車大旅行」が人形劇となりテレビで放映され、有名作家になっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る