「旅の食卓」池内紀著

公開日:  更新日:

 作者は食べ盛りを戦後の食糧難の時代に過ごした世代。だから、ただのうまいものエッセーとは訳が違う。「石狩川と鮭」から「屋久島の焼酎」まで、列島を縦断しながら、作者の中にある記憶や体験や文学的蓄積が、ご当地のうまいもの以上のメーンディッシュになっている。

 石狩川の旅では3日連続で鮭三昧。皮も内臓も白子も堪能する。鮭の味を深いものにしているのは、小説「石狩川」。石狩平野の真ん中にある当別町に開拓民の子として生まれたプロレタリア文学者・本庄陸男の作品は、生き物のような大河のさまを描いている。

 東日本大震災後、ほどなくして訪れた石巻は、様相が一変していた。居酒屋のメニューにあったのはイカだけ。なぜか涙が流れてきて、コップ酒をゴクリ。

 金沢では近江町市場で仕入れたフグの粕漬けやドジョウの蒲焼きをつまみに、リュックで持参したコニャックの小瓶を空け、心地よく酩酊する。

 駅前ホテルに泊まり、ふらりと町に出て、食に出合う。ぜいたくや余計なうんちくとは無縁。最良の道連れに導かれてよい旅をした気分になる。(亜紀書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る