• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「化学毒物マヒ」渡辺雄二著

 低カロリードリンクが増えているが、実はこれが危ない。カロリーを減らすために使われている合成甘味料のスクラロースは、農薬のDDTや猛毒のダイオキシンと同じ有機塩素化合物の一種。体内で分解されずに腎臓に送られるため、動物実験の結果から免疫力の低下が懸念される。日本では認可されていなかったが、スクラロースを添加したアメリカの食品を輸入するために認可された。ゼロカロリー甘味料のアセスルファムKも肝臓にダメージを与えると指摘されている。

 他に、カップラーメンに使われるカラメル色素は発がん性物質である4―メチルイミダゾールが含まれているなど、我々の生活の中の化学毒物を総点検。

(緑風出版 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る