「化学毒物マヒ」渡辺雄二著

公開日: 更新日:

 低カロリードリンクが増えているが、実はこれが危ない。カロリーを減らすために使われている合成甘味料のスクラロースは、農薬のDDTや猛毒のダイオキシンと同じ有機塩素化合物の一種。体内で分解されずに腎臓に送られるため、動物実験の結果から免疫力の低下が懸念される。日本では認可されていなかったが、スクラロースを添加したアメリカの食品を輸入するために認可された。ゼロカロリー甘味料のアセスルファムKも肝臓にダメージを与えると指摘されている。

 他に、カップラーメンに使われるカラメル色素は発がん性物質である4―メチルイミダゾールが含まれているなど、我々の生活の中の化学毒物を総点検。

(緑風出版 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る

人気キーワード