「贖罪」音喜多駿著

公開日: 更新日:

 先の東京都知事選挙で旋風を起こした小池百合子知事のもとで、参謀として活躍し、その後の都議会議員選挙では自ら「都民ファーストの会」の幹事長として戦った著者が、政治家としての小池百合子とはどんな人物なのか、そして「小池劇場」としてもてはやされたものの本質を総括したのが本書である。

 彼がまず、やり玉に挙げたのは小池知事の旧態依然とした体質。前都政を「ブラックボックス」と批判した知事自身、選挙など民主的な手続きを踏まず、党役員の人事を秘密裏に行うなど、権力主義的な体質が際立った。

 さらに築地市場移転問題での不手際。東京オリンピックに向けての会場建設での右往左往ぶりも目立った。

 毎日新聞の世論調査で支持率0%となった希望の党の実態がすべてを物語っている。 (幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る