「贖罪」音喜多駿著

公開日:  更新日:

 先の東京都知事選挙で旋風を起こした小池百合子知事のもとで、参謀として活躍し、その後の都議会議員選挙では自ら「都民ファーストの会」の幹事長として戦った著者が、政治家としての小池百合子とはどんな人物なのか、そして「小池劇場」としてもてはやされたものの本質を総括したのが本書である。

 彼がまず、やり玉に挙げたのは小池知事の旧態依然とした体質。前都政を「ブラックボックス」と批判した知事自身、選挙など民主的な手続きを踏まず、党役員の人事を秘密裏に行うなど、権力主義的な体質が際立った。

 さらに築地市場移転問題での不手際。東京オリンピックに向けての会場建設での右往左往ぶりも目立った。

 毎日新聞の世論調査で支持率0%となった希望の党の実態がすべてを物語っている。 (幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る