「『憲法改正』の真実」樋口陽一、小林節著

公開日:  更新日:

 安保法制の違憲立法によって、日本は異常な法秩序に突入したと危惧する憲法学者による対談集。

 戦後70年、「立憲・民主・平和」の3つの価値を同時に追求してきた日本人を支えてきたのが日本国憲法だが、その憲法を「みっともない憲法」と公言し、憲法破壊を行った現政権を痛烈に批判。立憲主義を破壊したその権力者が、憲法を改正しようとしている。しかし、自民党が2012年に公表した改正草案は憲法と呼べる代物ではないと指摘する。

 与党国会議員の多くは「そもそも憲法とはなにか」との基本的認識が欠如しているという。彼らが行おうとしている憲法改正の隠された意図を解き明かしながら、政権が提案する改正が「改悪」であることを暴く。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る