• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『憲法改正』の真実」樋口陽一、小林節著

 安保法制の違憲立法によって、日本は異常な法秩序に突入したと危惧する憲法学者による対談集。

 戦後70年、「立憲・民主・平和」の3つの価値を同時に追求してきた日本人を支えてきたのが日本国憲法だが、その憲法を「みっともない憲法」と公言し、憲法破壊を行った現政権を痛烈に批判。立憲主義を破壊したその権力者が、憲法を改正しようとしている。しかし、自民党が2012年に公表した改正草案は憲法と呼べる代物ではないと指摘する。

 与党国会議員の多くは「そもそも憲法とはなにか」との基本的認識が欠如しているという。彼らが行おうとしている憲法改正の隠された意図を解き明かしながら、政権が提案する改正が「改悪」であることを暴く。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る