「『憲法改正』の真実」樋口陽一、小林節著

公開日:  更新日:

 安保法制の違憲立法によって、日本は異常な法秩序に突入したと危惧する憲法学者による対談集。

 戦後70年、「立憲・民主・平和」の3つの価値を同時に追求してきた日本人を支えてきたのが日本国憲法だが、その憲法を「みっともない憲法」と公言し、憲法破壊を行った現政権を痛烈に批判。立憲主義を破壊したその権力者が、憲法を改正しようとしている。しかし、自民党が2012年に公表した改正草案は憲法と呼べる代物ではないと指摘する。

 与党国会議員の多くは「そもそも憲法とはなにか」との基本的認識が欠如しているという。彼らが行おうとしている憲法改正の隠された意図を解き明かしながら、政権が提案する改正が「改悪」であることを暴く。(集英社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る