はたしてこの方法で安倍政権に対抗できるか

公開日:  更新日:

「亡国の集団的自衛権」 柳澤協二著 (集英社新書)

 小泉純一郎政権、安倍晋三第1次政権などの内閣官房副長官補(事務次官級、防衛省出身)をつとめた柳澤協二氏は、安倍政権が強行しつつある集団的自衛権行使がとんでもないものであると厳しく批判する。

「アメリカの船を助ける」というような事例が、現実性がまったくないとの指摘はその通りと思う。

 柳澤氏は、それにもかかわらず、安倍政権が集団的自衛権容認に突き進む理由についてこう説明する。

〈私は、安倍政権が、憲法と歴史認識に挑戦する点で歴代自民党政権の中でも異質なものであり、それが安倍総理個人の願望から出発しているために論理的な説明がなく、政策としての説得力がないこと、自民党の中にも安倍政権のやり方に異論を持っている政治家が少なくないことを指摘します。〉

 ここまでは、評者も柳澤氏と同意見だ。安倍政権の特徴は反知性主義にある。反知性主義とは、実証性、客観性を軽視あるいは無視し、自らが欲するように世界を理解する態度だ。安倍首相は、集団的自衛権容認に踏み込めば、日本が強くなると本気で信じている。誰かが本気で信じていることを、外部から突き崩すことは難しい。それでは、柳澤氏はどのような手法で安倍政権に対抗することができると考えているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る