はたしてこの方法で安倍政権に対抗できるか

公開日: 更新日:

「亡国の集団的自衛権」 柳澤協二著 (集英社新書)

 小泉純一郎政権、安倍晋三第1次政権などの内閣官房副長官補(事務次官級、防衛省出身)をつとめた柳澤協二氏は、安倍政権が強行しつつある集団的自衛権行使がとんでもないものであると厳しく批判する。

「アメリカの船を助ける」というような事例が、現実性がまったくないとの指摘はその通りと思う。

 柳澤氏は、それにもかかわらず、安倍政権が集団的自衛権容認に突き進む理由についてこう説明する。

〈私は、安倍政権が、憲法と歴史認識に挑戦する点で歴代自民党政権の中でも異質なものであり、それが安倍総理個人の願望から出発しているために論理的な説明がなく、政策としての説得力がないこと、自民党の中にも安倍政権のやり方に異論を持っている政治家が少なくないことを指摘します。〉

 ここまでは、評者も柳澤氏と同意見だ。安倍政権の特徴は反知性主義にある。反知性主義とは、実証性、客観性を軽視あるいは無視し、自らが欲するように世界を理解する態度だ。安倍首相は、集団的自衛権容認に踏み込めば、日本が強くなると本気で信じている。誰かが本気で信じていることを、外部から突き崩すことは難しい。それでは、柳澤氏はどのような手法で安倍政権に対抗することができると考えているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る