はたしてこの方法で安倍政権に対抗できるか

公開日:  更新日:

「亡国の集団的自衛権」 柳澤協二著 (集英社新書)

 小泉純一郎政権、安倍晋三第1次政権などの内閣官房副長官補(事務次官級、防衛省出身)をつとめた柳澤協二氏は、安倍政権が強行しつつある集団的自衛権行使がとんでもないものであると厳しく批判する。

「アメリカの船を助ける」というような事例が、現実性がまったくないとの指摘はその通りと思う。

 柳澤氏は、それにもかかわらず、安倍政権が集団的自衛権容認に突き進む理由についてこう説明する。

〈私は、安倍政権が、憲法と歴史認識に挑戦する点で歴代自民党政権の中でも異質なものであり、それが安倍総理個人の願望から出発しているために論理的な説明がなく、政策としての説得力がないこと、自民党の中にも安倍政権のやり方に異論を持っている政治家が少なくないことを指摘します。〉

 ここまでは、評者も柳澤氏と同意見だ。安倍政権の特徴は反知性主義にある。反知性主義とは、実証性、客観性を軽視あるいは無視し、自らが欲するように世界を理解する態度だ。安倍首相は、集団的自衛権容認に踏み込めば、日本が強くなると本気で信じている。誰かが本気で信じていることを、外部から突き崩すことは難しい。それでは、柳澤氏はどのような手法で安倍政権に対抗することができると考えているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る