「逃げ」佐藤喬著

公開日:  更新日:

 サイクルロードレース国内最高峰の大会である全日本選手権。2014年に岩手県八幡平で行われた伝説のレースの全容を克明に描くスポーツノンフィクション。

 総距離252.8キロという長丁場のレースに挑む選手は120人。優勝候補は2日前に行われたタイムトライアル(TT)で優勝した海外のプロチームに所属する別府史之選手。TTで2位につけた佐野淳哉選手は、前回大会を体調不良で途中棄権。その後うつ病と診断され、チームも移籍して復帰したばかりだった。

 一方、毎年上位に食い込みながら優勝に届かない清水都貴選手は、体脂肪を3%まで落とし、万全の態勢で試合に臨む。駆け引きが交錯する複雑なレースを選手の生きざまとともに描く感動作。

(小学館 570円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る