人生の方がボクシングに似ている どん底の“ヒーロー物語”

公開日:  更新日:

 あらゆるスポーツの中で最も悲劇的なのはボクシングだ、と言ったのは米国の女性作家ジョイス・キャロル・オーツ。今週末封切りの「サウスポー」はこの言葉をハリウッド流に描くとこうなるという見本のようだ。

 王位を極めて豪邸を手にした孤児院育ちのチャンプが、挑発に乗って最愛の妻を死なせてしまう。墜ちた王者は、もがけばもがくほどさらに墜ちて忘れ形見の娘すら失う。果たして彼は再起できるか――という話で、要は“どん底のヒーロー”物語。

 宣伝はやたら「泣ける」話とあおっているが、どんな強いボクサーでも一瞬の隙が命取り。つまり怒りに駆られて拳を出した時点で彼はもう負けていたという教訓とみれば、実は人生のほうがボクシングに似ているのだ。

 このボクサーの世界をフィリピン・マニラのジムに住み込んで描き出したのが石岡丈昇著「ローカルボクサーと貧困世界」(世界思想社 4200円)。マニー・パッキャオのようなスターに上り詰めることもなく、貧困地域に隣接するジムの内外で暮らしを営むプロや予備軍のボクサーたち。ジムの2人のトレーナーはそれぞれチームを擁し、朝のロードワークから練習法、住み込みの日常秩序まで違った流儀でボクサーを育てる。ボクシングはリングの上でも下でも「自己管理」が求められる孤独なスポーツだが、それを体にしみこませる過程は集団儀礼そのものなのだ。

 社会学の専門書で一般向きではないものの、じっくり読むとボクシング小説やノンフィクションが色あせて見えるはず。そのぐらい深くて面白い若手学者の達成。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る