• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伴走者」浅生鴨著

「速いが勝てない」ランナー・淡島は、視覚障害マラソンの選手、内田の伴走者を務めることになった。

 内田は20代半ばで突然サッカー界に登場し、ドイツのチームで活躍した異端児だった。バイク事故で視力を失ったが、4年かけて立ち直り、マラソンで再び世界に挑むことを目指す。記録ではなく、手で触れられるメダルを取るのが目標だ。

 パラリンピック出場枠を取るため、南国の国際大会に出ることに。だが、もう1人の伴走者が腸炎を起こして、淡島が1人で全距離を伴走することになった。互いに短いロープを握って走ると、内田の走りに上下動が多すぎることに気づく。(「夏・マラソン編」)

 視覚障害者の世界が見えてくるスポーツ小説2編。

(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る