「伴走者」浅生鴨著

公開日: 更新日:

「速いが勝てない」ランナー・淡島は、視覚障害マラソンの選手、内田の伴走者を務めることになった。

 内田は20代半ばで突然サッカー界に登場し、ドイツのチームで活躍した異端児だった。バイク事故で視力を失ったが、4年かけて立ち直り、マラソンで再び世界に挑むことを目指す。記録ではなく、手で触れられるメダルを取るのが目標だ。

 パラリンピック出場枠を取るため、南国の国際大会に出ることに。だが、もう1人の伴走者が腸炎を起こして、淡島が1人で全距離を伴走することになった。互いに短いロープを握って走ると、内田の走りに上下動が多すぎることに気づく。(「夏・マラソン編」)

 視覚障害者の世界が見えてくるスポーツ小説2編。

(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード