「伴走者」浅生鴨著

公開日: 更新日:

「速いが勝てない」ランナー・淡島は、視覚障害マラソンの選手、内田の伴走者を務めることになった。

 内田は20代半ばで突然サッカー界に登場し、ドイツのチームで活躍した異端児だった。バイク事故で視力を失ったが、4年かけて立ち直り、マラソンで再び世界に挑むことを目指す。記録ではなく、手で触れられるメダルを取るのが目標だ。

 パラリンピック出場枠を取るため、南国の国際大会に出ることに。だが、もう1人の伴走者が腸炎を起こして、淡島が1人で全距離を伴走することになった。互いに短いロープを握って走ると、内田の走りに上下動が多すぎることに気づく。(「夏・マラソン編」)

 視覚障害者の世界が見えてくるスポーツ小説2編。

(講談社 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る