「彼らの奇蹟」玉木正之編

公開日:  更新日:

 名作スポーツノンフィクションを集めたアンソロジー。

 山際淳司著「たった一人のオリンピック」は、モスクワオリンピック代表に選ばれながら、JOCの不参加決定で出場を果たせなかったボート選手・津田真男氏の5年間の軌跡を追う。東大受験に失敗して2浪の末、入学した私学で無為の日々を過ごしていた氏は、ある日、「オリンピックに出て金メダルを取ろう」と思いつき、動き出す。オリンピックへの近道を模索して、消去法で最後に残ったのがボート競技だったという氏の、無謀ともいえる挑戦を描く。その他、古くは吉田兼好の随筆から、ニューヨークマラソンを目指す村上春樹氏のエッセーなど、多彩な19作を収録。(新潮社 710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る