• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「彼らの奇蹟」玉木正之編

 名作スポーツノンフィクションを集めたアンソロジー。

 山際淳司著「たった一人のオリンピック」は、モスクワオリンピック代表に選ばれながら、JOCの不参加決定で出場を果たせなかったボート選手・津田真男氏の5年間の軌跡を追う。東大受験に失敗して2浪の末、入学した私学で無為の日々を過ごしていた氏は、ある日、「オリンピックに出て金メダルを取ろう」と思いつき、動き出す。オリンピックへの近道を模索して、消去法で最後に残ったのがボート競技だったという氏の、無謀ともいえる挑戦を描く。その他、古くは吉田兼好の随筆から、ニューヨークマラソンを目指す村上春樹氏のエッセーなど、多彩な19作を収録。(新潮社 710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る