オリンピックを題材とした「独走」を上梓 堂場瞬一氏に聞く

公開日:  更新日:

「刑事・鳴沢了」シリーズなど多くの警察小説を手掛ける堂場瞬一氏だが、執筆活動のもうひとつの軸となっているのがスポーツ小説。野球や陸上競技、ラグビーなどを題材とした多数の作品を描いてきた。今回刊行された「独走」(実業之日本社 1500円)では、オリンピックを目指すアスリートたちが主人公となっている。ただし、彼らの爽やかな成長物語、といった類いの話ではない。現代スポーツ界が抱える複雑な問題を斬る、スポーツ・エンタメ小説なのだ。

 2020年、東京でオリンピックが開催されることが決定した。これを受けて政府では、スポーツ行政を一元化するためのスポーツ庁創設に向けて動き出している。この事態を念頭に置いて本書を読むと、もしやノンフィクションなのではないかと戸惑いを覚えることだろう。
「書き始めたのは1年ほど前からで、私自身は2020年のオリンピックは東京にはならないと思っていました。しかし、ちょうど刊行のタイミングで東京に決定して、日本のスポーツ行政もざわざわと動き始めた。自分でも若干驚いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る