日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリンピックを題材とした「独走」を上梓 堂場瞬一氏に聞く

「刑事・鳴沢了」シリーズなど多くの警察小説を手掛ける堂場瞬一氏だが、執筆活動のもうひとつの軸となっているのがスポーツ小説。野球や陸上競技、ラグビーなどを題材とした多数の作品を描いてきた。今回刊行された「独走」(実業之日本社 1500円)では、オリンピックを目指すアスリートたちが主人公となっている。ただし、彼らの爽やかな成長物語、といった類いの話ではない。現代スポーツ界が抱える複雑な問題を斬る、スポーツ・エンタメ小説なのだ。

 2020年、東京でオリンピックが開催されることが決定した。これを受けて政府では、スポーツ行政を一元化するためのスポーツ庁創設に向けて動き出している。この事態を念頭に置いて本書を読むと、もしやノンフィクションなのではないかと戸惑いを覚えることだろう。
「書き始めたのは1年ほど前からで、私自身は2020年のオリンピックは東京にはならないと思っていました。しかし、ちょうど刊行のタイミングで東京に決定して、日本のスポーツ行政もざわざわと動き始めた。自分でも若干驚いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事