「驚くべきCIAの世論操作」ニコラス・スカウ著 伊藤真訳

公開日: 更新日:

 米国の情報機関によるメディア操作の実態を暴いたノンフィクション。

 2011年5月、米国は10年間追い続けてきたウサマ・ビンラディンを潜伏先のパキスタンで殺害した。公式発表では、CIAが潜伏先を突き止め、奇襲作戦を敢行したことになっている。しかし、実際はビンラディンは、その5年前からパキスタンの治安当局ISIの管理下にあり、ISIの将校が報奨金目当てでCIAに接触。その情報をもとにオバマ政権はISIと作戦を練ったという。偏った情報のリーク、脅し、優遇や冷遇を使ってメディアを操るそんなCIAの手口と、一方で情報を求めてCIAにすり寄るメディアや映画界の権力への追従ぶりをあぶりだす。

(集英社インターナショナル 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る