「驚くべきCIAの世論操作」ニコラス・スカウ著 伊藤真訳

公開日: 更新日:

 米国の情報機関によるメディア操作の実態を暴いたノンフィクション。

 2011年5月、米国は10年間追い続けてきたウサマ・ビンラディンを潜伏先のパキスタンで殺害した。公式発表では、CIAが潜伏先を突き止め、奇襲作戦を敢行したことになっている。しかし、実際はビンラディンは、その5年前からパキスタンの治安当局ISIの管理下にあり、ISIの将校が報奨金目当てでCIAに接触。その情報をもとにオバマ政権はISIと作戦を練ったという。偏った情報のリーク、脅し、優遇や冷遇を使ってメディアを操るそんなCIAの手口と、一方で情報を求めてCIAにすり寄るメディアや映画界の権力への追従ぶりをあぶりだす。

(集英社インターナショナル 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る