「トップシークレット・アメリカ」デイナ・プリースト、ウィリアム・アーキン著、玉置悟訳

公開日: 更新日:

 9・11のあとアメリカでは安全保障関係の役所が急増した。本書口絵には首都にある対テロ指令センターの一覧系統図が出ているが、これが複雑怪奇。情報機関だけでもCIA、FBIのほかNSA(国家安全保障局)、DIA(国防情報局)、国家情報長官府、DEA(連邦麻薬取締局)があり、CIAの中にも対テロセンターと作戦センターがある。まるでタコ足配線だ。

 ワシントン・ポスト紙の連載に大幅加筆した本書によると最初はブッシュ政権時だが、情報開示を期待されたオバマ政権はブッシュ時代よりもひどいという。機密情報のリークに対する内部調査の激しさは格段に上がったのだ。議会も秘密保持強化に奔走する。特に今では選挙民のほうが保守化し、スパイ摘発のためならと監視を容認し、ジャーナリズムに対して厳しく当たるようになっている。FBIのような昔ながらの政府機関も対テロ防諜機関に変身し、福祉予算を削って膨れ上がる防諜予算をむさぼっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る