「秘録 CIAの対テロ戦争」マイケル・モレル著、月沢李歌子訳

公開日:  更新日:

 米国の情報機関CIAで要職を歴任してきた著者が、国際テロ組織との戦いの内幕を明かしたノンフィクション。

 1998年、ケニアとタンザニアの米大使館が自爆テロによって同時攻撃された。これがアルカイダとの戦いの始まりだった。CIAはその2年前からアルカイダを率いるビンラディンの正体を突き止めるために動向を探っていた。担当者は事件前にビンラディンの捕捉計画をまとめていたが実行には至らなかったという。以後、著者がブッシュ大統領のブリーフィング担当だった時に起きた9・11同時多発テロ、ビンラディン暗殺、そしてイスラム国台頭まで。

 テロとの脅威に立ち向かうCIAの戦いを克明に記録。(朝日新聞出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る