「秘録 CIAの対テロ戦争」マイケル・モレル著、月沢李歌子訳

公開日: 更新日:

 米国の情報機関CIAで要職を歴任してきた著者が、国際テロ組織との戦いの内幕を明かしたノンフィクション。

 1998年、ケニアとタンザニアの米大使館が自爆テロによって同時攻撃された。これがアルカイダとの戦いの始まりだった。CIAはその2年前からアルカイダを率いるビンラディンの正体を突き止めるために動向を探っていた。担当者は事件前にビンラディンの捕捉計画をまとめていたが実行には至らなかったという。以後、著者がブッシュ大統領のブリーフィング担当だった時に起きた9・11同時多発テロ、ビンラディン暗殺、そしてイスラム国台頭まで。

 テロとの脅威に立ち向かうCIAの戦いを克明に記録。(朝日新聞出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る