• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「秘録 CIAの対テロ戦争」マイケル・モレル著、月沢李歌子訳

 米国の情報機関CIAで要職を歴任してきた著者が、国際テロ組織との戦いの内幕を明かしたノンフィクション。

 1998年、ケニアとタンザニアの米大使館が自爆テロによって同時攻撃された。これがアルカイダとの戦いの始まりだった。CIAはその2年前からアルカイダを率いるビンラディンの正体を突き止めるために動向を探っていた。担当者は事件前にビンラディンの捕捉計画をまとめていたが実行には至らなかったという。以後、著者がブッシュ大統領のブリーフィング担当だった時に起きた9・11同時多発テロ、ビンラディン暗殺、そしてイスラム国台頭まで。

 テロとの脅威に立ち向かうCIAの戦いを克明に記録。(朝日新聞出版 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る