「振り返り手帳術」伊藤精哉著

公開日: 更新日:

 手帳は単にスケジュール管理のために付けるのではない。手帳は人生の羅針盤であり、目標を設定し、達成具合を振り返るためにある。そのためには、毎日、その日のトピックスを10字前後に要約し、「マイニュース」として手帳に書いておく。つまり、その一日に見出しを付けようと提唱する。

 例えば、著者のある年の10月の「マイニュース」は、「やればできる 残業ゼロ」「一家団らん くつろぎの休日」「奇跡の完走 応援に力」「英単語1日5つ 今日も達成!」など。

 過ぎ去った出来事や、それに対する気持ちを書き残すことで、心の棚卸しができ、それらを夢や目標に向かう前向きなエネルギーに転化できるというのだ。

 経済記者として報道の第一線に携わり、現在は時事通信社編集局ニュースセンター整理部長を務める著者が、独自の手帳活用術を開陳。

(新泉社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る