「温泉手帳増補改訂版」松田忠徳著

公開日:  更新日:

 秋が深まり、温泉のぬくもりが恋しい季節がやってきた。日本人にとって温泉は格別な存在。6000年前の石器時代の温泉の痕跡まで見つかっているそうだ。そんな温泉の歴史から、温泉の効能の科学的分析、そして温泉旅館建築や現代版湯治の方法など。温泉にまつわるあらゆる情報を凝縮したハンドブック。

 温泉の中で最も数が多い「単純温泉」をはじめ、名湯に多い「硫酸塩泉」、日本人がもっとも温泉らしいと感じる「にごり湯」の主役「硫黄泉」など。泉質分類の各特徴を解説した上で、それぞれの泉質ごとにお勧めの温泉と施設を紹介。ガイドブック的情報から、温泉の基礎知識・ウンチクまですべてを網羅したバイブル。

(東京書籍 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る