「寺と仏像手帳」土門拳著

公開日: 更新日:

 北は岩手県の中尊寺から近畿・中部、南は大分県の臼杵石仏群まで、51の寺と仏像を収録した写真集。写真に添えた撮影時のエピソードや被写体の解説など文章も達者。(東京書籍 1600円+税)

■巨匠が再発見した日本の美

 日本の写真史にその名を刻む、今は亡き巨匠による写真エッセー集。

 氏が、生涯追い続けたテーマは、大きく静と動に分けられる。動がリアリズムに徹した報道写真群であるとすれば、本書に収録されているのは日本文化の美をテーマにした「静」の作品群である。

 1970年に始まる旧国鉄の「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンよりもはるか前、著者は日本各地を巡り、日本の魅力を再発見していく。それぞれの場所は、今は観光地化して四季折々、内外の多くの訪問客であふれているが、当時は時代に取り残され、人影もなく閑散としていた。

 ひとたびカメラを据えると、氏は被写体が最も美しく見える最高の光を求めて、何時間もひたすら待ち続ける。命を削るようにして撮影されたその作品には、被写体と氏が時に無言で対峙し、そしてある時は言葉のない会話を交わし、魂が触れ合ったその時間が凝縮されている。

 撮影時のエピソードや被写体についての解説、さらに撮影旅行の際の助手たちのなんとも愉快な思い出まで、文書も達者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る