「できる男は不倫する 本革の手帳」松岡宏行・著 高橋潤・絵

公開日:  更新日:

 刺激的な書名にそそられてページを開くと、アメコミ風のタッチで描かれた巨乳美人と昭和からワープしてきたような小太りハゲ親父のセックスシーンが目に飛び込んでくる。読み進めると、オヤジはどうやら会社で「ブチョー」と呼ばれてはいるが、それはあだ名で本当の役職は係長、そして巨乳美人はブチョーの恋人のナミだと分かる。

 他にも、ブチョーの年下の上司で社内最年少部長の谷原や、OL・ノリカやエリカらの夜の生活もたっぷりで、オフィスを舞台にしたお色気コミックかと思ったら大間違い。

 なんとショートストーリーとテキストで「ビジネスの真理や人間関係のコツ、男の生き方」を説く成長戦略指南書なのだ。

 対象は40代の管理職や経営者層とその予備軍。容貌や体力の衰えはもちろん、「傲慢なつもりはないけれども、威張りたい気持ちから逃れられない。若い人のダメさが我慢できない。物事の細部を最後まで突き詰めるのが面倒くさくなる。うまく人の間に入って、マージンを稼ぎたくなる。人の見ていないところで、ついつい美意識が下がる」など、際限のない「心のオヤジ化」に陥り始めた諸氏向けに、笑いとエロに包んで秘策を授けてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る