「できる男は不倫する 本革の手帳」松岡宏行・著 高橋潤・絵

公開日: 更新日:

 刺激的な書名にそそられてページを開くと、アメコミ風のタッチで描かれた巨乳美人と昭和からワープしてきたような小太りハゲ親父のセックスシーンが目に飛び込んでくる。読み進めると、オヤジはどうやら会社で「ブチョー」と呼ばれてはいるが、それはあだ名で本当の役職は係長、そして巨乳美人はブチョーの恋人のナミだと分かる。

 他にも、ブチョーの年下の上司で社内最年少部長の谷原や、OL・ノリカやエリカらの夜の生活もたっぷりで、オフィスを舞台にしたお色気コミックかと思ったら大間違い。

 なんとショートストーリーとテキストで「ビジネスの真理や人間関係のコツ、男の生き方」を説く成長戦略指南書なのだ。

 対象は40代の管理職や経営者層とその予備軍。容貌や体力の衰えはもちろん、「傲慢なつもりはないけれども、威張りたい気持ちから逃れられない。若い人のダメさが我慢できない。物事の細部を最後まで突き詰めるのが面倒くさくなる。うまく人の間に入って、マージンを稼ぎたくなる。人の見ていないところで、ついつい美意識が下がる」など、際限のない「心のオヤジ化」に陥り始めた諸氏向けに、笑いとエロに包んで秘策を授けてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る