「メモするだけでラクになる「がん手帳」のつけ方」相羽恵介著

公開日: 更新日:

 治療は医師任せで、一日中不安だけにさいなまれる。質の良い治療を望みながらも、がん患者の多くは、こうした日常生活を送っているのではないか? しかし、質の良い治療を受けたければ、質の良い情報を医師に伝える努力が必要だ。

 そこで本書は、「がん手帳」をつけることを提案している。市販の手帳に“起きたらニッコリ「おはよう」と言う”“1日1回犬と散歩にでかける”といった緩い目標を掲げ、患者としての活力を維持しながら、体重、体調の変化、薬、食事の量などをメモ。治療の重要な情報を医師に伝えるべき資料作りのノウハウを教えてくれる。

 がんはオーダーメード治療の必要性が叫ばれており、患者発信の情報が治療の重要要素になっている。抗がん剤治療を行う人には必読の書だ。

(WAVE出版 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る