「はやぶさ2 最強ミッションの真実」津田雄一著

公開日: 更新日:

 昨年12月、小惑星リュウグウからの「玉手箱」を地球に送り届け、新たなミッションに旅立った探査機「はやぶさ2」。7つの世界初を達成したそのプロジェクトの中心人物によるドキュメントである。

 はやぶさ2の構想は、初号機の打ち上げ直後の2004年から始まった。6年後、紆余(うよ)曲折の末に初号機が劇的な形で星のかけらを持ち帰る「小惑星サンプルリターン」技術をやり遂げた。当初、2号機はターゲットとなる小惑星が異なるほか、初号機の再製作の色合いが濃かったが、09年ごろから地下探査がテーマに加わり、「インパクタ」という新技術の投入が決まる。

 初号機からミッションに携わってきた著者が、プロジェクトの詳細とその舞台裏を明かす。

(NHK出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード