唐 状況劇場が寺山天井桟敷に殴りこみ大乱闘

公開日:  更新日:

<1969年12月>

 劇団・状況劇場を主宰し、60年代から80年代にかけて、「アングラ四天王」のひとりとして注目されていた唐十郎(73)が69年に劇団員を引き連れて、同じく四天王のひとりと目されていた寺山修司率いる「天井桟敷」に殴り込みをかけた事件があった。ライバル視された2人は仲良く逮捕されるはめになった。

 12日午後11時35分ごろ、渋谷駅東口近くの路上でおしろいやアイシャドーを塗りたくった厚化粧の異様な姿の男性たちがもみ合っている。これは何事かとヤジ馬も集まってくる。もみ合いはエスカレートして殴り合いの喧嘩に。見かねた通行人が警察に通報した。

 渋谷署員が通報を受け現場に急行。乱闘している男たちを暴力行為現行犯で逮捕した。

 逮捕されたのは唐(当時29)、麿赤児(同26)、四谷シモン(同25)、不破万作(同23)ら状況劇場の劇団員7人、及び寺山(同34)ともうひとりの天井桟敷の劇団員の計9人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る