唐 状況劇場が寺山天井桟敷に殴りこみ大乱闘

公開日: 更新日:

<1969年12月>

 劇団・状況劇場を主宰し、60年代から80年代にかけて、「アングラ四天王」のひとりとして注目されていた唐十郎(73)が69年に劇団員を引き連れて、同じく四天王のひとりと目されていた寺山修司率いる「天井桟敷」に殴り込みをかけた事件があった。ライバル視された2人は仲良く逮捕されるはめになった。

 12日午後11時35分ごろ、渋谷駅東口近くの路上でおしろいやアイシャドーを塗りたくった厚化粧の異様な姿の男性たちがもみ合っている。これは何事かとヤジ馬も集まってくる。もみ合いはエスカレートして殴り合いの喧嘩に。見かねた通行人が警察に通報した。

 渋谷署員が通報を受け現場に急行。乱闘している男たちを暴力行為現行犯で逮捕した。

 逮捕されたのは唐(当時29)、麿赤児(同26)、四谷シモン(同25)、不破万作(同23)ら状況劇場の劇団員7人、及び寺山(同34)ともうひとりの天井桟敷の劇団員の計9人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る