暴漢侵入事件で交際が発覚した唐沢寿明・山口智子

公開日: 更新日:

<1992年1月>

 1月22日午前9時、山口智子(当時27)が住む東京・港区の自宅マンションのベルが鳴った。インターホン越しに「○○プロダクションからのお届け物です」の声。ドアを開けた途端、宅配便の作業服を着た男たち2人が入ってきて、山口を羽交い締めにしようとした。「キャー」と悲鳴を上げると、部屋の奥にいた男性が玄関に駆け付け、男たちはそのまま逃げ去った。

 一緒にいた男性は誰だったのか。当初マスコミは事件の存在さえ掴んでいなかったが、10日後、事態は大きく動きだす。変質者に再び襲われる恐怖に駆られた山口が、麻布署に被害届を出したのがきっかけだった。

 サツ回りの記者から芸能記者に情報がもたらされ、2月4日、事件が明るみに出た。記者たちが山口を早速直撃すると、「一緒にいたのはマネジャーさん。もしいなければ危ないところでした」と説明した。ところが、山口のマンションの管理人に話を聞くと、マネジャーが部屋まで上がることはなく、いつも下で待っているという。「弟さんがよく部屋に来られている」と言う管理人に、もしやと思い、記者が山口と同じ事務所に所属する唐沢寿明(同28)の写真を見せると、「そう、この人です」と答えた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」