暴漢侵入事件で交際が発覚した唐沢寿明・山口智子

公開日: 更新日:

<1992年1月>

 1月22日午前9時、山口智子(当時27)が住む東京・港区の自宅マンションのベルが鳴った。インターホン越しに「○○プロダクションからのお届け物です」の声。ドアを開けた途端、宅配便の作業服を着た男たち2人が入ってきて、山口を羽交い締めにしようとした。「キャー」と悲鳴を上げると、部屋の奥にいた男性が玄関に駆け付け、男たちはそのまま逃げ去った。

 一緒にいた男性は誰だったのか。当初マスコミは事件の存在さえ掴んでいなかったが、10日後、事態は大きく動きだす。変質者に再び襲われる恐怖に駆られた山口が、麻布署に被害届を出したのがきっかけだった。

 サツ回りの記者から芸能記者に情報がもたらされ、2月4日、事件が明るみに出た。記者たちが山口を早速直撃すると、「一緒にいたのはマネジャーさん。もしいなければ危ないところでした」と説明した。ところが、山口のマンションの管理人に話を聞くと、マネジャーが部屋まで上がることはなく、いつも下で待っているという。「弟さんがよく部屋に来られている」と言う管理人に、もしやと思い、記者が山口と同じ事務所に所属する唐沢寿明(同28)の写真を見せると、「そう、この人です」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る