暴漢侵入事件で交際が発覚した唐沢寿明・山口智子

公開日:  更新日:

<1992年1月>

 1月22日午前9時、山口智子(当時27)が住む東京・港区の自宅マンションのベルが鳴った。インターホン越しに「○○プロダクションからのお届け物です」の声。ドアを開けた途端、宅配便の作業服を着た男たち2人が入ってきて、山口を羽交い締めにしようとした。「キャー」と悲鳴を上げると、部屋の奥にいた男性が玄関に駆け付け、男たちはそのまま逃げ去った。

 一緒にいた男性は誰だったのか。当初マスコミは事件の存在さえ掴んでいなかったが、10日後、事態は大きく動きだす。変質者に再び襲われる恐怖に駆られた山口が、麻布署に被害届を出したのがきっかけだった。

 サツ回りの記者から芸能記者に情報がもたらされ、2月4日、事件が明るみに出た。記者たちが山口を早速直撃すると、「一緒にいたのはマネジャーさん。もしいなければ危ないところでした」と説明した。ところが、山口のマンションの管理人に話を聞くと、マネジャーが部屋まで上がることはなく、いつも下で待っているという。「弟さんがよく部屋に来られている」と言う管理人に、もしやと思い、記者が山口と同じ事務所に所属する唐沢寿明(同28)の写真を見せると、「そう、この人です」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る