ツイッギー来日で火が付いたミニスカートブーム

公開日: 更新日:

<1967年10月>

 60年代、ロンドンでマリー・クワントが世に送り出し、モッズファッションとともに世界を席巻したミニスカート。ブームの火付け役となったツイッギー(当時18)は67年10月、マネジャー兼恋人同伴で来日した。ウエスト55センチ。“小枝”の愛称通りのスレンダーな肢体は国内を熱狂の渦に巻き込み、その人気は前年来日のビートルズに匹敵するともいわれた。しかし、ツイッギーはファッションモデル。来日したとはいえ、コンサートや劇場公演を行うわけではない。週刊誌には、仕事の合間に恋人同伴で遊ぶプライベート記事が並ぶ異色の事態となった。

 10月18日午後4時半過ぎ、ツイッギーを乗せたスカンジナビア航空機が羽田に着陸。しかし、ミニを期待して集まったカメラマンの前に降り立ったツイッギーは、意外にも黒のキュロットスカートに毛皮のコート姿だった。デッキにはファンクラブが作った垂れ幕が掲げられたが、大きな混乱はなく、ツイッギーはホテルに向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る