ツイッギー来日で火が付いたミニスカートブーム

公開日: 更新日:

<1967年10月>

 60年代、ロンドンでマリー・クワントが世に送り出し、モッズファッションとともに世界を席巻したミニスカート。ブームの火付け役となったツイッギー(当時18)は67年10月、マネジャー兼恋人同伴で来日した。ウエスト55センチ。“小枝”の愛称通りのスレンダーな肢体は国内を熱狂の渦に巻き込み、その人気は前年来日のビートルズに匹敵するともいわれた。しかし、ツイッギーはファッションモデル。来日したとはいえ、コンサートや劇場公演を行うわけではない。週刊誌には、仕事の合間に恋人同伴で遊ぶプライベート記事が並ぶ異色の事態となった。

 10月18日午後4時半過ぎ、ツイッギーを乗せたスカンジナビア航空機が羽田に着陸。しかし、ミニを期待して集まったカメラマンの前に降り立ったツイッギーは、意外にも黒のキュロットスカートに毛皮のコート姿だった。デッキにはファンクラブが作った垂れ幕が掲げられたが、大きな混乱はなく、ツイッギーはホテルに向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る