• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツイッギー来日で火が付いたミニスカートブーム

<1967年10月>

 60年代、ロンドンでマリー・クワントが世に送り出し、モッズファッションとともに世界を席巻したミニスカート。ブームの火付け役となったツイッギー(当時18)は67年10月、マネジャー兼恋人同伴で来日した。ウエスト55センチ。“小枝”の愛称通りのスレンダーな肢体は国内を熱狂の渦に巻き込み、その人気は前年来日のビートルズに匹敵するともいわれた。しかし、ツイッギーはファッションモデル。来日したとはいえ、コンサートや劇場公演を行うわけではない。週刊誌には、仕事の合間に恋人同伴で遊ぶプライベート記事が並ぶ異色の事態となった。

 10月18日午後4時半過ぎ、ツイッギーを乗せたスカンジナビア航空機が羽田に着陸。しかし、ミニを期待して集まったカメラマンの前に降り立ったツイッギーは、意外にも黒のキュロットスカートに毛皮のコート姿だった。デッキにはファンクラブが作った垂れ幕が掲げられたが、大きな混乱はなく、ツイッギーはホテルに向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る