週刊誌が大特集 みのもんたバッシングが止まらないワケ

公開日: 更新日:

 みのもんた(69)が、ついに「朝ズバッ!」(TBS)を降板――。

 それにしても、いかに人々の興味、関心があるかということに尽きるだろう。次男・雄斗容疑者(31)が窃盗未遂で逮捕され処分保留のまま釈放されて3週間以上過ぎているのに週刊誌の大特集が続き、過激さを増している。それもこれも「特集すると完売する週刊誌もある」(あるジャーナリスト)からだ。

 週刊現代が「みのもんたは、なぜこんなに嫌われるのか」とやれば、週刊文春が「みのもんたの品格」、週刊新潮が「TBS大株主 『みのもんた』反撃の倍返し」といった具合。派手な見出しが躍る。

「編集部もこれほど読者がみのに注目しているとは思っていなかった。驚いています。あまりの評判に、“また特集を組むから何かネタありませんか”と記者が聞いてくるし、みのの“人気”を再認識しました(笑い)」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る