週刊誌が大特集 みのもんたバッシングが止まらないワケ

公開日: 更新日:

 みのもんた(69)が、ついに「朝ズバッ!」(TBS)を降板――。

 それにしても、いかに人々の興味、関心があるかということに尽きるだろう。次男・雄斗容疑者(31)が窃盗未遂で逮捕され処分保留のまま釈放されて3週間以上過ぎているのに週刊誌の大特集が続き、過激さを増している。それもこれも「特集すると完売する週刊誌もある」(あるジャーナリスト)からだ。

 週刊現代が「みのもんたは、なぜこんなに嫌われるのか」とやれば、週刊文春が「みのもんたの品格」、週刊新潮が「TBS大株主 『みのもんた』反撃の倍返し」といった具合。派手な見出しが躍る。

「編集部もこれほど読者がみのに注目しているとは思っていなかった。驚いています。あまりの評判に、“また特集を組むから何かネタありませんか”と記者が聞いてくるし、みのの“人気”を再認識しました(笑い)」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る