税金投入に批判も…過熱する「ゆるキャラ」ビジネスの実情

公開日:  更新日:

「ゆるキャラ」ブームが、どうもおかしな方向に行っている。「ゆるキャラグランプリ2013」には、昨年の865の倍に迫る1580が出場。単純に47で割ると、都道府県あたりの出場数が33と、完全なバブル状態だ。

 グランプリに輝いた栃木県佐野市の「さのまる」には、市が700万円の税金を投じて“選挙戦”を仕掛けたと公言。「おめでとう」「かわいい」などのつぶやきに交じり、あちこちから「そこまで税金を使う必要があるのか」と異論が噴出している。

 選挙戦を仕掛けていたのは、2位の「出世大名家康くん」(静岡県浜松市)も同じ。

 途中集計で「さのまる」をリードし、土壇場で逆転され2位に終わったが、浜松市内は投票を呼びかけるビラやのぼりであふれ、市民からは「市の借金が5000億円以上もあるのに、もっと税金の使い道があるだろう」とブーイングが出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る