キワどいCMになぜ…値下げされる国生さゆりの今後の値段

公開日:  更新日:

 スーパーの商品棚には小さな国生さゆり(47)が“数体”。商品価格は490円。真っ赤な衣装ではしゃぐ国生を見た買い物客が「いらね」と笑って通り過ぎるのを見た店員が「もう厳しいかなあ……」と言ってタッチパネルで表示を98円に変更。国生は「えー! まだいけるから!」と絶叫した――。

 これはハカリメーカー「イシダ」のCM。昨年末ごろからテレビで目にする機会が急増した。同時期に「稲川淳二バージョン」も放送され、夏の風物詩である怪談話をする稲川が季節外れだからと値下げされる。同社のCMには、以前も異物検出装置でおすぎとピーコが出演。おすぎの中に混ざっているピーコを異物と認識してはじくというものだった。

 内容が内容だけに、「面白い」という意見がある一方で、「女性軽視」「人権侵害」という批判的な意見も多い。が、一番気がかりなのは、“値下げされる”国生自身。なぜこんな際どいCMのオファーを受けたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る