• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キワどいCMになぜ…値下げされる国生さゆりの今後の値段

 スーパーの商品棚には小さな国生さゆり(47)が“数体”。商品価格は490円。真っ赤な衣装ではしゃぐ国生を見た買い物客が「いらね」と笑って通り過ぎるのを見た店員が「もう厳しいかなあ……」と言ってタッチパネルで表示を98円に変更。国生は「えー! まだいけるから!」と絶叫した――。

 これはハカリメーカー「イシダ」のCM。昨年末ごろからテレビで目にする機会が急増した。同時期に「稲川淳二バージョン」も放送され、夏の風物詩である怪談話をする稲川が季節外れだからと値下げされる。同社のCMには、以前も異物検出装置でおすぎとピーコが出演。おすぎの中に混ざっているピーコを異物と認識してはじくというものだった。

 内容が内容だけに、「面白い」という意見がある一方で、「女性軽視」「人権侵害」という批判的な意見も多い。が、一番気がかりなのは、“値下げされる”国生自身。なぜこんな際どいCMのオファーを受けたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る