• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

離婚報道で見えてきた 鈴木紗理奈と別れたモテ夫の“関係性”

 先週スポーツニッポンが報じたタレント鈴木紗理奈(36)の「離婚」。夫は年齢非公表のTELA―C(テラシー)とかいう、よく分からないレゲエミュージシャンで、3歳になる長男の親権は紗理奈が持つという。

 2人は5年間の交際を経て08年12月に結婚したが、テラシーの度重なる浮気のせいで、ケンカは日常茶飯事。それに紗理奈が耐え切れなくなったともっぱらだが、ある関係者はこうささやく。

「とにかく紗理奈がゾッコンで、結婚する前から同棲していたんですが、その当時、紗理奈に殴られて顔面血だらけのテラシーと、その横で半狂乱で泣き叫ぶ紗理奈の姿が週刊誌で報じられています。確かにテラシーはモテる。だから疑心暗鬼になるのも分かりますが、紗理奈の焼きもちは度が過ぎる。結婚後も毎晩のように壮絶な痴話ゲンカを繰り返していたそうですが、テラシーにも逃げ出したい気持ちがあったと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る