延べ8000人! 「いいとも」ゲストで培ったタモリの「会話力」

公開日:  更新日:

 1982年10月の放送開始から31年半。タモリ(68)の「笑っていいとも!」が今月末で終了する。名物コーナー「テレフォンショッキング」のゲスト数は、重複も含めて延べ8000人。これだけ多くの人と会話できるのは、タモリの特殊な才能だろう。

■「休みの日は何してる?」は計算された質問

 タモリの話術の巧みさは認めるとして、しかし、彼は毎回、特別な話をしているわけではない。定番ネタを相手によって多少アレンジしているだけだ。

 例えば、タモリがよくする会話のひとつが、「休日は何してるの?」というものがある。なぜこれを聞くかというと、大抵の人は休みの日を楽しみにしているから。会話の基本は「相手が話したがる話を聞く」ことだ。

 質問された人が「映画館へ」と答えれば、「どんな映画が好き?」「誰と行くの?」と続ける。「子供の野球の応援に行く」と答えたら、タモリは「あの子がそんなに大きくなったんだ」と大仰に驚いたりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る