• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

共演陣も新鮮味ゼロ…「いいとも」後継は競合番組の“丸写し”

「笑っていいとも!」の後継番組として、来月1日からスタートする生活情報バラエティー。番組名はいまだ非公表だが、出演者の面々がおおむね出揃った。

 今週早々明らかになったのは、初回放送の“重責”も担う火曜レギュラー陣。EXILEのTAKAHIRO(29)とNAOTO(30)のメーンMCに加え、ビッグダディ改めコダカラー・清志(48)と江角マキコ(47)の起用だったが、新鮮味はゼロ。しかも、ダディはテレ朝の番組で人気者になったタレントである。人のふんどしで相撲をとるにも度が過ぎている。と思いきや、水面下で準備が進む企画はそれに輪をかけて、人のふんどし状態のようで――。事情を知るテレビ関係者がこう明かす。

「新番組は競合の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を意識した番組。というか、丸写し状態。制作は外部に任せっきりで、現場から上がってきた企画が潮干狩りとピクニック……。もはや手垢のつきまくったものばかり。なんでもナマ放送が売りで、ヒルナンデスがVTRで行う買い物選手権も“ウチはナマでやる!”と息巻いているそうです」

 前評判は最悪。勇退するタモリも、放送時間を前倒しして裏番組で“ガチンコ勝負”する「徹子の部屋」の黒柳徹子も、この体たらくではせせら笑うしかない、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る