• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

爆笑問題も批判…首相を「いいとも」に出したフジの現場無視

 首相の安倍晋三が初出演した21日放送の「笑っていいとも!」が、瞬間最高視聴率19.2%だったとかで騒いでいるが、3連休初日のお昼に暇を持て余し、興味本位でのぞき見た視聴者が意外と多かった。ただそれだけの話だ。

 安倍首相本人はご満悦かもしれないが、いいともレギュラーの「爆笑問題」田中裕二は23日放送のラジオ番組で、安倍出演について「めんどくさい、正直」「出演者としては『余計なことをして』って、少しね」と不満タラタラ。

 相方の太田光も「(安倍は)クソ面白くもなんともねえトークしやがって。つまんなかったな」とバッサリだった。
 2人の本音がすべてを物語っている。

 楽しくなければテレビじゃないのに、首相本人以外は楽しくない番組を放送したフジテレビ。同局中堅社員もこう漏らす。

「今回の安倍首相の出演は、フジテレビのドン、日枝(久)会長の鶴のひと声で決まった。現場はまったく無視です。今のフジテレビは、“事件”は現場じゃなくて会議室で起きている。それじゃ視聴者にそっぽを向かれて当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る