日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネットでは服装予想も…「小保方さん会見」もう一つの狂騒曲

 STAP細胞の真偽をめぐり、雲隠れしていた理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が9日、ようやく姿を現した。午後1時から大阪市内で会見し、「STAP現象は何度も確認された真実です」などと研究の正当性を主張した。

 小保方さんといえば、一般的な研究者イメージとはかけ離れた風貌も話題を集めた。STAP細胞発表会見では丸襟ブラウスにミニスカートのガーリーな装いに、ヴィヴィアン・ウエストウッドの指輪がキラリ。うら若きリケジョ研究者の「ヴィヴィアン好き」は全国的に知られた。そんなこともあり、今回の釈明会見では発言内容はもとより、服装にも注目が集まっていた。

■「ヴィヴィアンはマスト」の声

 ネット上には直前まで<小保方さんの明日の服装を予想して下さい><小保方晴子博士の記者会見での服装は?>などと、予想する書き込みが続々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事