• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ギャラクシー賞スピーチで政治批判 女優・毬谷友子の“正義感”

 4日に行われた「第51回ギャラクシー賞」贈呈式。受賞の喜びとともに、「世の諸悪の根源は政治だったりするわけで……」と踏み込んだスピーチで、会場をドキリとさせた女優がいた。毬谷友子(54)である。

 テレビ部門のギャラクシー賞優秀賞に選ばれたNNNドキュメント「ニッポンの性教育 セックスをどこまで教えるか」(中京テレビ制作)で、ナレーターを担当。昨年5月の深夜帯に放送され、学校でもテレビでもタブー視される「性教育の必要性」を真正面から説き、話題になった番組だ。

 この日の毬谷は番組を代表して登壇したのだが、冒頭の発言以外にも、「スタッフさんたちが退社も辞さないガチの覚悟で取り組んだテーマ。テレビ局の上層部に叱られたってつくりたいというその覚悟に惚れた! 私も女優の仕事が来なくなって、ただのオバサンになってもいいと思って取り組みました!!」と、熱弁を振るっていた。日本では欧米のように自分の考えや主張を語らない女優が多い中で稀有(けう)なタイプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る