ギャラクシー賞スピーチで政治批判 女優・毬谷友子の“正義感”

公開日: 更新日:

 4日に行われた「第51回ギャラクシー賞」贈呈式。受賞の喜びとともに、「世の諸悪の根源は政治だったりするわけで……」と踏み込んだスピーチで、会場をドキリとさせた女優がいた。毬谷友子(54)である。

 テレビ部門のギャラクシー賞優秀賞に選ばれたNNNドキュメント「ニッポンの性教育 セックスをどこまで教えるか」(中京テレビ制作)で、ナレーターを担当。昨年5月の深夜帯に放送され、学校でもテレビでもタブー視される「性教育の必要性」を真正面から説き、話題になった番組だ。

 この日の毬谷は番組を代表して登壇したのだが、冒頭の発言以外にも、「スタッフさんたちが退社も辞さないガチの覚悟で取り組んだテーマ。テレビ局の上層部に叱られたってつくりたいというその覚悟に惚れた! 私も女優の仕事が来なくなって、ただのオバサンになってもいいと思って取り組みました!!」と、熱弁を振るっていた。日本では欧米のように自分の考えや主張を語らない女優が多い中で稀有(けう)なタイプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る