“年下女性”も芸の肥やし…浅野忠信が突き進む「名優」への道

公開日:  更新日:

モスクワ映画祭で最優秀男優賞

 そういえば、浅野忠信(40)は6月2日の会見で主演作への熱い思いをこう語っていた。

「30代は役者として難しい。40(歳)でなければ演じられない役。自分の中でイメージして欲しかった役のひとつです」

 そんな自負もみなぎる演技が国際映画祭で評価された。第36回モスクワ映画祭で主演映画「私の男」(熊切和嘉監督)により最優秀男優賞を受賞。日本人の男優賞は83年の加藤嘉(映画「ふるさと」)以来、31年ぶり2人目の快挙だ。同作はグランプリ(最優秀賞作品賞)も獲得。「2冠達成」の世界的な名声を得たことになる。

 桜庭一樹の同名小説の映画化。北海道を舞台に震災孤児となった少女(二階堂ふみ=19)と、少女を引き取った男(浅野)の禁断の愛を描いたR15+作品である。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る