“年下女性”も芸の肥やし…浅野忠信が突き進む「名優」への道

公開日:  更新日:

モスクワ映画祭で最優秀男優賞

 そういえば、浅野忠信(40)は6月2日の会見で主演作への熱い思いをこう語っていた。

「30代は役者として難しい。40(歳)でなければ演じられない役。自分の中でイメージして欲しかった役のひとつです」

 そんな自負もみなぎる演技が国際映画祭で評価された。第36回モスクワ映画祭で主演映画「私の男」(熊切和嘉監督)により最優秀男優賞を受賞。日本人の男優賞は83年の加藤嘉(映画「ふるさと」)以来、31年ぶり2人目の快挙だ。同作はグランプリ(最優秀賞作品賞)も獲得。「2冠達成」の世界的な名声を得たことになる。

 桜庭一樹の同名小説の映画化。北海道を舞台に震災孤児となった少女(二階堂ふみ=19)と、少女を引き取った男(浅野)の禁断の愛を描いたR15+作品である。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る