“年下女性”も芸の肥やし…浅野忠信が突き進む「名優」への道

公開日: 更新日:

モスクワ映画祭で最優秀男優賞

 そういえば、浅野忠信(40)は6月2日の会見で主演作への熱い思いをこう語っていた。

「30代は役者として難しい。40(歳)でなければ演じられない役。自分の中でイメージして欲しかった役のひとつです」

 そんな自負もみなぎる演技が国際映画祭で評価された。第36回モスクワ映画祭で主演映画「私の男」(熊切和嘉監督)により最優秀男優賞を受賞。日本人の男優賞は83年の加藤嘉(映画「ふるさと」)以来、31年ぶり2人目の快挙だ。同作はグランプリ(最優秀賞作品賞)も獲得。「2冠達成」の世界的な名声を得たことになる。

 桜庭一樹の同名小説の映画化。北海道を舞台に震災孤児となった少女(二階堂ふみ=19)と、少女を引き取った男(浅野)の禁断の愛を描いたR15+作品である。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る