日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅野忠信がNHK「ロング・グッドバイ」にハマった理由

 まるで、水を得た魚のようだ。不惑の浅野忠信が、連ドラ初主演となるNHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」(21時~)で生き生きと演技していることだ。

 原作はレイモンド・チャンドラーの同名小説。名探偵フィリップ・マーロウを世に送り出したハードボイルドの最高傑作のドラマ化だ。この手のドラマは好き嫌いがハッキリ分かれる。だから、松田優作主演の「探偵物語」(79年)にしろ、永瀬正敏主演の「私立探偵 濱マイク」(02年)にしろ、コミカルで薄めたハードボイルド風味の作品が量産されてきた。

 そんな中、「ロング~」はド直球の稀有(けう)な作品。大コケすれば、主演も致命傷を負いかねないが、放送開始から評判は上々だ。日本版マーロウこと増沢磐二に扮する浅野について、コラムニストの桧山珠美氏も「他の俳優では代役が利かない。まさに適役といえる」とうなずいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事