“号泣県議”垂れ流し テレビが血眼で「新事実」探すワケ

公開日: 更新日:

 野々村竜太郎兵庫県議(47)の号泣会見がテレビで流れない日はない。

「あれだけインパクトのある映像は貴重ですからね。海外でも話題になったし、<わたしは~、ああ~、命懸けで~、おお~>と野々村氏の声がテレビから流れるだけで、家事をしている主婦は手を止めて見てしまう。潜在視聴率はピカイチです。次々と明らかになる“新事実”は、号泣映像を流すための“材料”。あの映像だけを繰り返し流すことはできないから、みんなほかの媒体をチェックして必死で切り口を探していますよ」(テレビ局関係者)

 城崎温泉まで足を運び、日帰りできるかトライしてみたり、野々村氏を目撃しているか聞いて回ったり。ほかにも、大雨で列車が運休の日に出張しているとか、通常期と繁忙期で違うはずの特急料金が同じ金額になっているとか、報じられる内容はどこも似たり寄ったり。そして最後は必ずあの号泣映像である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る