“号泣県議”垂れ流し テレビが血眼で「新事実」探すワケ

公開日:  更新日:

 野々村竜太郎兵庫県議(47)の号泣会見がテレビで流れない日はない。

「あれだけインパクトのある映像は貴重ですからね。海外でも話題になったし、<わたしは~、ああ~、命懸けで~、おお~>と野々村氏の声がテレビから流れるだけで、家事をしている主婦は手を止めて見てしまう。潜在視聴率はピカイチです。次々と明らかになる“新事実”は、号泣映像を流すための“材料”。あの映像だけを繰り返し流すことはできないから、みんなほかの媒体をチェックして必死で切り口を探していますよ」(テレビ局関係者)

 城崎温泉まで足を運び、日帰りできるかトライしてみたり、野々村氏を目撃しているか聞いて回ったり。ほかにも、大雨で列車が運休の日に出張しているとか、通常期と繁忙期で違うはずの特急料金が同じ金額になっているとか、報じられる内容はどこも似たり寄ったり。そして最後は必ずあの号泣映像である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る