• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウソ泣きが下手すぎ! 「いいとも」の指原に大ブーイング

 平均視聴率(関東地区)16・3%を記録し、31日に31年半の歴史に幕をおろした「笑っていいとも!」(フジテレビ系)。

 歴代の豪華出演者が顔を揃えたと特別番組「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」も好調で、平均28・1%、瞬間最高視聴率33・4を叩き出す大盛り上がりだったが、お祭りムードがさめやらぬ中、大ブーイングを食らっているのが、最終回の出演メンバーのひとり、HKT48の指原莉乃(21)だ。

 発端は、指原の“ウソ泣き”疑惑だ。最終回の冒頭、司会のタモリ(68)が「ウキウキWatching」を歌い終えると、香取慎吾(37)、三村マサカズ(46)、千原ジュニア(40)、渡辺直美(26)がスタジオ入り。続く指原は両手で顔を覆い、挨拶もできないほど“号泣”しながらの登場だった。

 ところが、三村が「(オープニングの)歌聞いてる状態でもう泣き出しちゃってるの」とイジると、「もうもうもう…」と言葉遣いこそ震えながら、いつものシレッとした表情が復活。「タモリさんが歌ってるの見れないかもと思ったら…、もう一生(ウキウキWatching)歌わないじゃないですか」と“号泣”のワケを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る