ウソ泣きが下手すぎ! 「いいとも」の指原に大ブーイング

公開日:  更新日:

 平均視聴率(関東地区)16・3%を記録し、31日に31年半の歴史に幕をおろした「笑っていいとも!」(フジテレビ系)。

 歴代の豪華出演者が顔を揃えたと特別番組「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」も好調で、平均28・1%、瞬間最高視聴率33・4を叩き出す大盛り上がりだったが、お祭りムードがさめやらぬ中、大ブーイングを食らっているのが、最終回の出演メンバーのひとり、HKT48の指原莉乃(21)だ。

 発端は、指原の“ウソ泣き”疑惑だ。最終回の冒頭、司会のタモリ(68)が「ウキウキWatching」を歌い終えると、香取慎吾(37)、三村マサカズ(46)、千原ジュニア(40)、渡辺直美(26)がスタジオ入り。続く指原は両手で顔を覆い、挨拶もできないほど“号泣”しながらの登場だった。

 ところが、三村が「(オープニングの)歌聞いてる状態でもう泣き出しちゃってるの」とイジると、「もうもうもう…」と言葉遣いこそ震えながら、いつものシレッとした表情が復活。「タモリさんが歌ってるの見れないかもと思ったら…、もう一生(ウキウキWatching)歌わないじゃないですか」と“号泣”のワケを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る